• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    IUXパク·ボゴム「椿の花」作家新作「폭싹 속았수다(ばったりだまされた)」出演歴代級出会い成功[公式]
    登録日 2023.01.27 16:09 照会 355


     

    [ニュースエン ペ·ヒョジュ記者] IUとパク·ボゴムがイム·サンチュン作家の新作「ばったりだまされた」にキャスティングされた。

    1月27日、製作会社のファンエンターテインメントによると、イ·ジウン(IU)とパク·ボゴムがイム·サンチュン作家の新作「ばったりだまされた」(脚本イム·サンチュン、演出キム·ウォンソク、製作ファンエンターテインメント、パラムピクチャーズ)に出演する。
    「ばったりだまされた」は当初「人生」という仮題で知られた作品で、1950年代済州で生まれた「要望の反抗児」エスンと「八不出の鉄」グァンシクの冒険いっぱいの一生を四季で描いたドラマだ。

    「お疲れ様でした」という意味の済州語タイトルからも分かるように、「ばったりだまされた」は昔の写真のつらい背景の中でいつも笑っていた私の母、父の元気だった時代の話だ。 母親の初恋の話、父親の武勇談、祖母の反抗児時代、祖父の愛人時代などあまりにも幼く、依然として弱い彼らの季節に送る献辞のような作品だ。

    イ·ジウンは劇中、反抗児エスン役を演じる。 いろいろとしっかりしなければならない状況だったが、反抗する度に声はヤギのように震える肝の小さい文学少女でもある。 もう少しだが陰りのない子 日差し一本もくれない薄暗い塀の陰の下でも、必ず太陽に向かって頭をもたげている草花のように有望な人物だ。 学校さえ通えない状況でも詩人を夢見る、泣く時も隠さず笑う時は海中に響く堂々としたキャラクターだ。

    パク·ボゴムは無言で固い「鉄」のような人物グァンシク役を演じる。 グァンシクは日々勤勉で誠実な人物で、至極の誠実さがどれほど偉大な武器なのかを知る「英特な鋳鉄」だ。 しかし、恋愛には水桃なので、エスンが笑っても故障し、泣いても故障する。 それでもチュンシムもやはり鋳鉄で、最初から味見もせずにひたすらエスンだけを愛し尊重する黙言の戦士だ。 時代を口実に明らかに流れていくことができた哀順の一生一代の岐路にハンドルを外し、サイドブレーキを引き、時にはアクセルを踏んでしまう。

    「すっかりだまされた」はドラマ「ベッキが帰ってきた」「サム、マイウェイ」「椿の花咲く頃」などでシンドロームを起こし愛されたイム·サンチュン作家と「未生」「シグナル」「私のおじさん」等を通じて繊細な演出力を認められたキム·ウォンソク監督の出会いでも話題作に浮上した。 作品ごとに暖かい慰労と愉快な応援を渡してきたイム·サンチュン作家とリアルでディテールな演出を披露してきたキム·ウォンソク監督が「ばったりだまされた」を通じて視聴者に忘れられない人生の四季をプレゼントするものと大きな期待を集めている。

    ファンエンターテインメント側は「名実共に最高のスターイ·ジウン、パク·ボゴムと『ばったりだまされた』で共にすることになり、とても心強い」として「イム·サンチュン作家とキム·ウォンソク監督、そしてイ·ジウンとパク·ボゴムまで最強製作陣と出演陣が見る人たちの心を動かせる作品を作るために準備しているので、多くの関心をお願いする」と話した。

    リスト