• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • NOW! KOREA
    • もっと見る
    • 韓国旅行情報
    • 韓流情報

    パクボゴム、コン・ユ主演映画『徐福』、遂に劇場とネット配信で同時公開

      コン・ユとパク・ボゴム主演の映画『徐福』が劇場とオンライン動画サービス(OTT)で同時公開される。韓国のブロックバスター映画がこのように公開されるのは初めてで、映画界に及ぼす影響が注目される。   投資と配給を担当したCJ ENMは3日、『徐福』を4月15日に劇場とネット配信で同時に公開すると明らかにした。『建築学概論』のイ・ヨンジュ監督の新作『徐福』は、クローン人間を素材にして制作費160億ウォン(約15億円)をかけた大作だ。 当初は昨年公開予定だったが、コロナ禍の長期化で封切を見合わせてきた。  コロナ禍で『スペース・スウィーパーズ』や『狩りの時間』など韓国映画の期待作が劇場公開を諦め、ネットフリックスに直での公開を選んだことはあるが、劇場とOTTでの同時公開は初めての事例だ。それに韓国国内1位の投資・配給会社CJ ENMの映画がOTTに直行するのは初めて。海外ではワーナー・ブラザースやディズニーなどが映画館と自社OTTでの同時公開戦略を取っている。     映画界では『徐福』の事例を注視している。劇場上映だけでは十分な収益を見込めない状況で、OTTを通じてある程度安定した収益を上げ、劇場の興行によって追加収益を上げることができるためだ。そうなれば、他の映画も似たような戦略を取るものと見られる。しかし、OTTだけに利益があり、劇場の観客数は微々たるものであれば、一気に主導権が劇場からOTTへと移る転換点になりかねないという懸念の声もあがっている 記事出典:ハンギョレ新聞

    EVENT
    • RANKING
    • TWITTER