• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    ユンナ、スルギ(RedVelvet)、STAYCが「2023Kグローバルハートドリームアワード」に合流
    登録日 2023.07.03 11:16 照会 397


     

    [ブイデイリーキム·ジハ記者]「2030釜山世界博覧会(釜山エキスポ)」誘致を祈願する「2023Kグローバルハートドリームアワード(KGLOBAL HEART DREAM AWARDS)」にKポップを代表する女性歌手が大挙出演する。

    「2023Kグローバルハートドリームアワード」組織委員会は3日、歌手ユンナとグループRed Velvetのスルギ、グループステイシーが含まれた2次ラインナップを発表した。

    ユンナは2004年に日本で先にデビューした後、2006年から国内活動を始めた20年目の歌手だ。 強烈ながらも感性的なボーカルを武器にロック、バラード、ジャズ、R&Bなど多様なジャンルを消化してきた。 昨年3月に発表した「事件の地平線」が逆走行し各種音楽チャートを席巻し、この曲の人気は1年余り経った今でも続いている。

    3月ソウル単独コンサート、4月日本初ファンミーティングを消化したユンナは先月10日、スタジオライブアルバム「マインドセット」(MINDSET)を発売し、3年余りぶりに「マインドセット」連作シリーズの最後を飾った。 同月17、18日の2日間、ソウル龍山区で開いたファンミーティングは、チケットオープン2分で全席売り切れとなり、ユンナに向けた人気を確認させた。

    2014年レッドベルベットでデビューしたスルギは、「赤い味」「ダムダム」「サイコ」(psyco)「フィルマイリズム」(Feel My Rhythm)などで大きな愛を受けた。 2020年7月にはメンバーのアイリーンと共にユニットを結成、「モンスター」で変わった姿を見せた。

    昨年10月にはデビュー8年目にして初のソロアルバムを発売し、グローバルファンの爆発的な関心を集めた。 初のソロアルバム「トゥエニエイト·リーズンズ」(28 Reasons)は発売直後、iTunesトップアルバムチャートで米国、カナダ、ギリシャ、オーストラリア、メキシコ、ロシア、シンガポール、ベトナムなど全世界30地域1位に上がった。

    2020年にデビューしたステイシー(STAYC)はデビュー曲「ソーバッド」(SO BAD)から「エイセップ」(ASAP)、「色眼鏡」(STEREOTYPE)、「ラントゥユー」(RUN2U)、「テディベア」(Teddy Bear)まで活動曲の大部分をヒット曲の仲間入りさせた4世代代表ガールズグループだ。

    特に「テディベア」では初動だけで34万枚を販売するなどガールズグループ市場で目立つ成績を記録した。 同名のタイトル曲「テディベア」で国内代表音源チャート1位を記録し、Spotify再生数とダンスチャレンジなどでも大きな話題を集めた。

    Kポップを代表する女性アーティストたちの総出動ニュースで雰囲気を盛り上げた「2023Kグローバルハートドリームアワード」は8月10日午後、ソウル松坡区に位置したケースポドーム(KSPODOME、旧オリンピック体操競技場)で開かれる。

    リスト