• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    ENHYPEN、BOYNEXTDOOR、ポールキム、イスンユン···「2023 K-Global ハートドリームアワード」に合流
    登録日 2023.07.17 10:37 照会 625


     

    「鼓膜彼氏」として通じるボーカリストたちとオーディション出身スーパースターたちが「2030釜山世界博覧会(釜山エキスポ)」誘致を祈願する「2023ケイグローバルハートドリームアワード」に出る。

    「2023Kグローバルハートドリームアワード」組織委員会は17日、グループENHYPENとボーイズネクストドア(BOYNEXTDOOR)、カード(KARD)と歌手ポール·キム(キム·テヒョン)、キム·ジェファン、イ·スンユンなどが含まれたラインナップを発表した。

    ENHYPENは2020年に放送されたMnetサバイバルプログラム「I-LAND」を通じて結成されたグループで、同年11月に正式デビューした。 グローバルファンの選択で作られたグループであるだけに、デビュー直後から米国ビルボード、日本オリコンなど主要グローバルチャートで存在感を示してきた。

    翌年10月に出した正規1集「ディメンション:ジレンマ」(DIMENSION:DILEMMA)からはミリオンセラータイトルも逃さずにいる。 昨年7月に出したミニ3集「マニフェスト:デイ1」(MANIFESTO:DAY1)と5月に出したミニ4集「ダークブラッド」(DARKBLOOD)は初動(発売初週販売量)で100万枚を越え、第4世代代表グループとして浮上した。

    ボーイネクストドアは5月30日、1枚目のシングル「フー!」(WHO!)でデビューした新人グループだ。 グループBlock B出身のZICOがプロデュースしたグループという点でデビュー前から話題を集め、初動11万枚を記録し順調なスタートを知らせた。

    最近、英国有名音楽マガジンNMEと単独インタビューを進行するなどグローバルKポップファンに徐々に目印をつけている彼らは17日、日本ラジオ放送局ジェイウェーブ(JWAVE)が開催する都市型文化フェスティバル「インスパイア東京2023(INSPIRE TOKYO 2023)」を皮切りに海外活動始動をかける。

    2016年にプロジェクトグループとしてスタートし、翌年正式デビューしたカードは激しいKポップ市場で混成の命脈をつないでいるグループだ。 男、女メンバーが一緒に解きほぐす時、魅力が極大化される素材にラテン、ムンバートンなど強い色彩を持ったジャンルの音楽を着せ、グローバル市場を魅了した。
    5月23日に発売したミニ6集「苔」(ICKY)もやはりグローバル市場で愛された。 米国ビルボードチャート順位圏、グローバル音源プラットフォームSpotifyストリーミング件数爆発、TikTokチャレンジ再生数増加などでこれを立証した。 英国マガジンNMEなどもカードを照明した中で、彼らは今月6日メキシコのモンテレイを皮切りに全世界8ヶ国、計17都市を回るワールドツアーを進行中だ。

    2014年にシングル「コーヒー一杯飲みますか」でデビューしたポール·キムは代表的なオーディションスターだ。 Mnet「スーパースターK」などに出演し、MBC「偉大な誕生3」を通じて注目を集め始めた。 しっかりとした歌唱力と豊かな音色、特有の感性を基に多様なヒット曲を出した。

    OST市場でも爆発的な関心を集めている。 ドラマ「キスを先にしましょうか?」「ホテルデルーナ」「ザ·キング:永遠の君主」「智異山」「財閥家の末息子」など大型ドラマのOSTを歌って大きな愛を受けた。 最近はネットフリックスシリーズでグローバル市場を虜にしたドラマ「ザ·グローリー」の初OST「君は覚えている」を歌唱し、K-OSTブームを主導した。

    プロジェクトグループWanna One出身の歌手キム·ジェファンは2019年ソロ転向後、着実な作業物を出し、Kポップを代表する男性ボーカリストとして位置づけられた。 多様なジャンルの音楽に挑戦し音楽的力量を表わし、作詞·作曲能力も認められている。

    オーディション出身の成長史をもとに後輩たちのための助力者の役割も十分に果たしている。 4月に終映したMnet「ボーイズプラネット」に8番目のスターマスターとして出撃、プロジェクトグループゼロベースワンの誕生を助けた。

    2021年に放送されたJTBC「シンガーゲイン」に「30号歌手」として出演したイ·スンユンは「生もの」を連想させる音楽で最終優勝を占め有名になった。 以後、一貫した音楽を見せながらファンダムを築いている。

    今年デビュー10周年を迎え、様々な活動を展開している中、特に「公演強者」というタイトルにふさわしい成果を出した。 今年2月のソウルSKオリンピックハンドボール競技場を皮切りに大邱、釜山、大田、龍仁、光州に続く初の全国ツアーを全て完売させ、今年7月初めにソウルオリンピック公園オリンピックホールで開かれたアンコールコンサートまであっという間に売り切れ人気を確認した。

    先立って組織委員会はKポップ韓流最前線にいるグループStray Kids、NCTテヨン、Red Velvetスルギ、ITZY、ステイシー、ATEEZ、THE BOYZ、TREASURE(T5)、シークレットナンバー、fromis_9、EPAX、ATBO(ATBO)、Cycornero BASEONE、チョコ1&2とバンドハイファイユニコーン(Hi-Fiunicorn)、「音源強者」として通じる歌手ユンナとグローバルに活動幅を広げた歌手アレクサ、グループBlock B出身プロデューサー兼歌手のファンの出演ニュースを伝えた。

    グローバル市場で愛されているオーディション出身のスターたちと個性的な歌手たちが含まれたラインナップ発表で雰囲気を引き上げた「2023Kグローバルハートドリームアワード」は8月10日午後、ソウル松坡区に位置したケースポドーム(KSPO DOME、旧オリンピック体操競技場)で開かれる。 授賞式の進行はアナウンサー出身の放送人チョン·ヒョンム、コメディアンのチャン·ドヨンが引き受ける。

    リスト