• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    「2023 MAMA」1次パフォーミングアーティスト公開
    登録日 2023.10.24 16:06 照会 724


    11月28日(火)、29日(水)、国内授賞式の最初の2日間、日本東京ドームで開催されるWorld's No.1 K-POP授賞式「2023MAMA AWARDS」(2023ママアワード)が1次パフォーミングアーティスト(Performing Artist)を公開した。

    CJ ENMが24日「2023 MAMA AWARDS」の舞台を飾る1次パフォーミングアーティストを公開した。 国内外で大きな愛を受けているATEEZ(ATEEZ)、INI、JO1、NiziU、RIIZE、東方神起(TVXQ!)、xikers、ZERObaseONEの計8チームが出演を確定したのだ。(*アーティスト羅列ABC順)1次パフォーミングアーティスト名簿公開にグローバルファンの期待がさらに高まっている。

    授賞式初日の11月28日にはINI、JO1、東方神起(TVXQ!)、xikersが舞台に上がる。 まずINIは最近シングルアルバム「TAGME」がオリコン週間シングルランキング1位を占めるなど人気を謳歌しているグローバルボーイグループだ。 JO1は9月にリリースした3枚目のアルバム「EQUINOX」でオリコン週間音楽ランキング3冠王を達成、国内外で縦横無尽に活躍している。 12月のデビュー20周年を記念して正規9集の発売を控えている東方神起(TVXQ!)は、デビュー以来レジェンドヒット曲で韓流ブームをリードしてきており、最近日本で海外アーティスト史上、東京ドームや全国ドーム最多公演を記録するなど、K-POPの歴史に新たな一線を画している。 xikersはミニ2集で前作対比2倍に達する数値で自己最高記録を更新する一方、初のワールドツアー公演を完売させるなど次第に加わる存在感を輝かせている。

    授賞式2日目の11月29日にはATEEZ(ATEEZ)、NiziU、RIIZE、ZERObaseONEに会うことができる。 ATEEZ(ATEEZ)は6月に発売された9枚目のミニアルバム初動だけでミリオンセラーを達成する一方、第4世代K-POPアーティストとしては初めてサウジアラビアで単独コンサートを開催するという躊躇ない歩みを見せた。 NiziUは日本現地で女性アーティスト史上最短期間ドーム入り記録を立てるなどシンドローム級の人気を誇示し、今月30日に韓国で正式デビューを控えている。 RIIZEは今年9月にデビューし、初のシングルアルバム「Get A Guitar」でデビューし、1週間で超高速ミリオンセラーになり、爆発的な関心と人気を証明した。 ZERObaseONEはデビューアルバムでたった一日でミリオンセラー達成、ダブルミリオンセラーまで名前を載せた最初のK-POPグループで、11月6日ミニ2集「メルティングポイント」(MELTING POINT)でカムバックを控えた「グローバルメガルーキー」だ。

    今年「2023 MAMA AWARDS」は「ONE I BORN」をコンセプトに行われる。 無限の可能性を持つ世界ただ一つの存在「私(I)」と「MAMA」が出会い肯定的なエネルギーを通じて完璧な「一つ(One)」になるという意味を含んでいる。 CJ ENMは毎年新しいヒストリーを書きながら進化を繰り返してきた「MAMA AWARDS」で今年驚くべき潜在力と無限の想像力を持った「私」を表現する破格的なパフォーマンスからアーティスト固有の個性を生かした舞台、「K-POP」で共感し共にするインタラクティブな舞台などより一層強力になった見どころをプレゼントするという抱負を伝えた。

    19日(木)、部門別候補を公開し、「ワールドワイドファンズチョイス(Worldwide Fans' Choice)」部門候補選定のためのオンライン投票を開始し、本格レースの開始を知らせた「2023MAMA AWARDS」はすでに国内外の熱い関心を立証している。 候補リストの確認と投票参加は、K-POPカルチャープラットフォームMnet Plus(Mnet Plus)とSpotify(Spotify)を通じて可能だ。

    一方、毎年年末、華麗なスケールと差別化された企画力、iKONICな舞台で飾り、多くの話題を呼んできた「MAMA AWARDS」は今年もグローバル授賞式としての地位を立証するものと期待される。 11月28日(火)、29日(水)に日本東京ドームで2日間開催される「2023 MAMA AWARDS」はMnetだけでなくユーチューブチャンネルMnet K-POPをはじめMnet TV、KCON official、M2を通じても全世界に生中継される予定だ。

    出典:©OSEN

    リスト