• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    イ・ジュノ(2PM)、パク·ウンビン、スヨン(少女時代)、ファン・ミニョンら「MAMA AWARDS」の授賞者が立つ
    登録日 2023.11.15 09:15 照会 213


     

    [ジョイニュース24チョン·ジウォン記者] K-POPグローバル化と音楽産業成長において独歩的な役割を続けてきた「2023MAMA AWARDS(2023ママアワード)」が多様な分野でKコンテンツのグローバル興行を牽引したワールドクラス級スターからトップクラス日本俳優まで華麗な授賞者ラインナップを公開した。

    CJ ENMは15日コ·ミンシ、キム·ソヒョン、ノ·ユンソ、ララル、リュ·スンリョン、パク·ギュヨン、パク·ウンビン、ビョン·ウソク、青木宗孝、アン·ジェホン、オム·ジョンファ、ユ·ヨンソク、ユン·ソンビン、イ·ジュニョク,イ·ジェフン,チョン.ギョンホ,チョン.チャンソン,チュ.ヒョンヨン,チャ.スンウォン,チェ.スヨン,ファンミンヒョンなどが「2023MAMA AWARDS」の授賞者として参加すると明らかにした。

    毎年グローバルでも注目する華麗な授賞者たちが共にしてきた「MAMA AWARDS」は今年もリュ·スンリョン、パク·ウンビン、アン·ジェホン、オム·ジョンファ、イ·ジュノ、イ·ジェフン、チュ·ヒョンヨン、チャ·スンウォンなど一年間、世界的に愛されたKコンテンツの主役たちが大挙合流し2023年コンテンツ年末決算を彷彿とさせるしっかりとした授賞者ラインナップを完成した。

    最近ディズニー+オリジナルシリーズ「ムービング」で「2023アジアコンテンツアワード&グローバルOTTアワード」で男性主演俳優賞を受賞し貫禄の存在感を証明したリュ·スンリョンは今回の「MAMA AWARDS」授賞者として出てグローバル授賞式に重みを加えるものと見られる。 JTBC「青春時代」、SBS「ブラームスが好きですか?」、KBS2「恋慕」など作品ごとに繊細なキャラクター解釈と演技力を見せ、ENA「おかしな弁護士ウ·ヨンウ」で2023年第59回百想芸術大賞TV部門大賞を受賞、最近tvN「無人島のディーバ」でもう一度演技変身に成功した俳優パク·ウンビンもやはり「2023MAMA AWARDS」に初授賞者として上がる。 それだけでなく今年ネットフリックスシリーズ「マスクガール」で原作キャラクターとシンクロ率100%を誇る破格的な演技変身で視聴者の賛辞を引き出した俳優アン·ジェホンも「MAMA AWARDS」授賞者ラインナップに合流し目を引く。 SBSドラマ「模範タクシー2」で最高視聴率21%という爆発的な記録を作り出したイ·ジェフンも「2023MAMA AWARDS」に参加する。 さらに強くてカリスマのある姿に戻ってきて、ネットフリックス映画「毒戦2」公開を控えている国民俳優チャ·スンウォンも2016年と2019年に続き3回目の「MAMA AWARDS」参加を知らせ、信じて見るベテラン俳優たちの活躍を期待させる。

    今年「MAMA AWARDS」の初出演を知らせたパク·ウンビンは「大韓民国代表アーティストとファンの皆さんの祝祭の場になる今回の2023 MAMA AWARDSに授賞者として共にすることになり嬉しい。 K-POPを愛する一人のリスナーとしてMAMA AWARDSで繰り広げられる多彩な舞台がとても気になり期待される」と伝えた。 今年で3回目の「MAMA AWARDS」参加を知らせた俳優チャ·スンウォンもやはり「信じて見るMAMA AWARDSで今年もどんなレジェンド舞台が誕生するか期待が大きい」と期待感を表わした。

    K-POP DNAを持つマルチテイナーオム·ジョンファ、イ·ジュノ、チェ·スヨン、ファン·ミニョンも「2023MAMA AWARDS」授賞者として出撃し、舞台を華やかに輝かせる。 オム·ジョンファは今年JTBCドラマ「ドクターチャ·ジョンスク」とtvN芸能「ダンス歌手流浪団」に続き、主演作映画「華やかな彼女」まで多方面で目立つ活躍で第2の全盛期という評価を引き出した。 MBC「袖の赤い端っこ」に続き、今年JTBC「キング·ザ·ランド」で連打席興行に成功したグループ2PM出身俳優イ·ジュンホと「国民ガールズグループ」少女時代で俳優に成功的変身、ジニーTVオリジナルドラマ「男男」からtvN芸能「2億9千:結婚戦争」までドラマと芸能を行き来しながら万能エンターテイナーとして全方位活躍中のチェ·スヨンも「2023MAMA AWARDS」授賞者ラインナップに名前を上げた。 今年Mnet「ボーイズプラネット」でスターマスターとして目覚ましい進行活躍を繰り広げ、tvNドラマ「幻魂」、「幻魂:光と影」に続き「無駄で嘘」などで安定した演技で俳優としての地位を固めている歌手兼俳優ファン·ミニョンも授賞者として出る。

    信じて見る俳優として代替不可能な活躍を繰り広げているキム·ソヒョン、パク·ギュヨン、ユ·ヨンソク、イ·ジュニョク、チョン·ギョンホも「2023MAMA AWARDS」の授賞者として参加し、席を輝かせる。 子役時代から着実にフィルモグラフィーを築いてきたキム·ソヒョンは、海外OTTプラットフォーム141ヶ国1位に輝くtvNドラマ「無駄で嘘」で多彩な演技変奏で劇をリードした。 パク·ギュヨンはネットフリックスシリーズ「セレブリティ」でグローバルTOP10TV(非英語)部門1位を記録し全世界的な話題を起こし、下半期にはMBC「今日も愛らしい犬」、ネットフリックスシリーズ「スイートホーム」シーズン2で休む暇のない熱心な歩みを続けている。 TVING「運輸誤診日」で新しい演技変身を予告している俳優ユ·ヨンソクも授賞者ラインナップに合流し期待を加える。 イ·ジュニョクは映画「犯罪都市3」で新種麻薬犯罪事件の背後である「チュ·ソンチョル」役で悪党キャラクターを完璧に消化し1000万俳優に生まれ変わった。 チョン·ギョンホはtvN「一打スキャンダル」で数学一打講師を完璧に消化しドラマの興行を牽引した。

    魅力的なビジュアルと安定した演技を見せ、ライジングスターとして注目される俳優コ·ミンシ、ノ·ユンソ、ピョン·ウソクも「2023MAMA AWARDS」授賞者ラインナップに合流した。 コ·ミンシは映画「魔女」、「密輸」をはじめ、ネットフリックス「スイートホーム」、KB22TV「五月の青春」などジャンルを問わず多様な作品で幅広い演技スペクトラムを見せた。 ノ·ユンソはtvNドラマ「私たちのブルース」でデビュー、2番目のドラマである「一打スキャンダル」で第59回百想芸術大賞TV部門女子新人演技賞を受賞し浮上する新鋭として注目されている。 今年の映画「ソウルメイト」で多様な感情が共存するキャラクターを純粋な演技で描き出し、濃い余韻を与え、評壇の高い関心と好評を得て忠武路の新星に生まれ変わったピョン·ウソクも授賞者ラインナップに合流し、彼らの活躍に期待感が加わっている。

    リスト