• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓国旅行情報 ※みなさんの韓国旅行の話。
    「イカゲーム」の撮影ロケ地はどこ?
    登録日 2021.10.05 11:58 照会 112


    韓国ネットフリックスのオリジナルシリーズ「イカゲーム」が世界中で大ヒットを記録し、出演した俳優や劇中に登場したゲーム、アイテムなどに注目が集まる中、撮影が行われたロケ地にも注目が集まっている。

    第1話では、ソウルと水原(スウォン)を結ぶ地下鉄・新盆唐(シンブンダン)線の良才(ヤンジェ)市民の森駅のプラットホームにて、イ・ジョンジェ演じる主人公とゲスト俳優が簡単なゲームをする場面が撮影された。

    そして、主人公が暮らす街・双門洞(サンムンドン)は、ソウル市北部にそびえる北漢山(プッカンサン)の麓に位置し、昔ながらの建物が残る庶民的な街。ソルパッ公園駅近くにある「百雲市場(ペグンシジャン)」は、主人公らの母親が商売を営む市場として劇中で度々登場した。




    また、主人公たちがゲームを繰り広げる舞台となる島は、実在しないCG(コンピューターグラフィックス)で作り出された島では?という説も一時、広まったが、仁川(インチョン)市の甕津(オンジン)郡に位置する「仙甲島(ソンガット・ソンガプト)」という島がモデルに選ばれた。火山島で、標高352メートルの仙甲山(ソンガッサン)が目を引く。

    「仙甲島」は、1950年代に勃発した朝鮮戦争ではアメリカ軍が駐屯し、その後、韓国陸軍が駐屯した後、1974年に撤収。現在は島全体が私有地で、島を管理する一部の島民のみが居住し、一般の旅行客が訪問することはできず、特別な許可が下りた場合のみ訪問できる。なお、島内にあるとされる各施設は、専用の大型セット施設で撮影された。

    ほかにも、汝矣島(ヨイド)の各地で撮影されたりもした。

    「イカゲーム」旋風はまだまだ収まる気配はなく、これからさらに様々な方面で話題を呼ぶことが予想される。

    出典:ⓒkonest 

    リスト