• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    ミュージカル「エクスカリバー」カイ、キム・ジュンス、ドギョム(SEVENTEEN) 3人それぞれが演じるアーサーの期待ポイントを分析
    登録日 2019.06.07 10:33 照会 203

    931d9fe12586005ad3327b6a7ebf747f_1559871141_7448.jpg

    今月よりついに始まるミュージカル'エクスカリバー'で'アーサー'を務めるカイ、キム・ジュンス、ドギョム(SEVENTEEN) の3名が早くから期待を集めている理由は何だろうか。

    EMKオリジナルミュージカル'エクスカリバー'(製作 EMKミュージカルカンパニー)で

    輝くカリスマ性と圧倒的な存在感を持った青年であり、同時に王の運命を持って生まれ、帝王に成長するアーサー役を演じるカイ、キム・ジュンス、ドギョム。

    先月19日にはサウンドプラットフォームオッド(ODE)で運営する複合分化空間オッド・ポートで開催された清音会で、それぞれアーサーのナンバーを披露し、トリプルキャスティングの興味をそそった。

    下記にそれぞれのアーサーの期待ポイントをまとめてみた。


    #1.カイ「実力と新鮮さ」

    'ファントム','フランケンシュタイン','ベンハー','モンテクリスト'など大公演のタイトルロールを渉猟した最高のミュージカル俳優カイ。 

    様々な舞台で積み重ねてきた彼のしっかりした経験が'エクスカリバー'と融合する。

    特に、カイの舞台が期待を集めているのは、彼のその実力だけでなく、これまで見せてこなかった新鮮さも展開される予定だからだ。

    インタビューを通じ「創作ミュージカルはどのように枠組みを固めるかによってその作品に対するイメージを作り上げることができるので最善の努力を尽くす」と述べたように,

    'エクスカリバー'という創作初演作品を新たに作りつつ隙なく導いていくカイ版"アーサー"の活躍に期待が高まる。


    #2.、キム・ジュンス「理由のある選択」

    ミュージカル俳優として幅広いフィルモグラフィーを積んでいるキム・ジュンスは,

    与えられた作品ごとに特有の訴えかける力のある声でどのナンバーも完璧に歌いこなして観客の耳をとらえてきた。

    以前の作品を通して作曲家フランク·ワイルドホーンと特別な縁を結んだキム·ジュンスは,作品を選択する際「音楽の力を信じる」と語った。 

    そして'エクスカリバー'に出演することになった理由も,フランク·ワイルドホーンを信じているからだという。

    青音会で公開されたナンバー"心臓の沈黙"ではキム·ジュンスの美声にアーサーが感じる複雑な感情が表わされ、まるで劇場の中にいるような鮮明な気分を感じられたように,

    世界的な作曲家フランク·ワイルドホンの魅力的なナンバーに自分だけの色をつけてジュンス版"アーサー"を魅力的に誕生させるだろう。


    #3.ドギョム「準備を積んだ挑戦」

    'エクスカリバー'を通じてミュージカル舞台に初めて挑戦するドギョム。 

    しかし、憂慮より期待が先走る理由は,この輝かしい挑戦が徹底した準備によって支えられているからだ。 

    全ての俳優が情熱的に取り組んでいる練習日程の消化はもちろん,個人練習までしながらドギョム版"アーサー"へと生まれ変わるための努力を続けている。

    アイドルグループSEVENTEENのメインボーカルとして優れた実力を立証してきたドギョムは3人のアーサーの中では一番末っ子で

    ミュージカル界の新鋭として舞台に上がる。

    準備され尽くした挑戦と「自分を信じて自信を持ってやる」という覚悟はドギョム版"アーサー"に対する期待感を倍増させている。


    平凡だった青年が輝く帝王として生まれ変わり、旅を通じて心熱い感動と新鮮なカタルシスをプレゼントする予定の

    ミュージカル'エクスカリバー'は今月15日(土)から世宗文化会館大劇場でワールドプレミアの大長征を開始する。

    リスト