• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    キム・ジェファン、成功的なソロ デビュー以後業界関心↑
    登録日 2019.06.18 17:00 照会 257

    710aef25440a67054262c839edd0062a_1560844850_2115.jpg

    歌手キム・ジェファンがWANNAONEでなくても堂々としているソロ アーティストで

    各種芸能番組とミュージック フェスティバルを行き来して成功的な歩みを謳歌している。

     

    キム・ジェファンは去る15日と16日ソウル、松坡区(ソンパグ)、オリンピック公園で開催された

    ‘2019ソウル パーク ミュージック フェスティバル’に出演してコンサート現場をほうふつさせる程の公演で観客を魅了させた。

     

    16日最後の日舞台に上がったキム・ジェファンは先月20日発売した最初ソロ ミニアルバム‘Another’の収録曲であり

    直接作詞・作曲した‘そんなにお前を’とタイトル曲‘こんにちは’をはじめとしてIUの夜手紙’、アデルの‘skyfall’、

    エレキ演奏が引き立って見えたエリック・クラプトンの‘Knockin’ On Heaven’s Door’、アリアやグランデのProblem’を生き生きしたライブ舞台で整えた。

     

    初めてのフェスティバル出演という事実が面目を失うようにも野外公演会場をいっぱい満たしたキム・ジェファンは

    歌唱力はもちろん機転が利くコメントで現場観客を笑うようにさせた。

     

    該当フェスティバルは格別なアーティスト的な歩みを見せているキム・ジェファンの舞台だけでなく

    両日間約35,000人の人波が殺到されて話題を引き出した。

     

    引き続きキム・ジェファンは来る8月15日から24日まで10日間ソウル、松坡区(ソンパグ)、オリンピック公園で開催される

    歴代級規模の韓流祭り‘2019 K-WORLD FESTA’開幕舞台にも上がる予定だ。

    この他にも各種フェスティバル交渉要請が殺到していて人気を実感させている。

     

    キム・ジェファンは独歩的なボーカル実力をベースにアコースティックギターとエレキなど優れていた楽器演奏実力まで兼ね備えたので既存アイドルの歩みでない

    真のミュージシャンに新たに出ているという評価だ。

    キム・ジェファンの差別化された歩みがより一層目につく理由だ。

    次世代ボーカリストとして地位を固めていっているキム・ジェファンの嘱望される未来に業界内外で関心が集まっている。

     

    [enews24 장창환 기자]

     

    リスト