• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    俳優イ·ミンホ、寄付プラットホーム"#PROMIZ"で低所得層の子供のための誕生日パーティープロジェクト進行
    登録日 2019.06.25 12:00 照会 147

    02be7af758e60a388d1b55a4c45de717_1561431599_1235.JPG

    俳優のイ·ミンホが寄付プラットホーム"PROMIZ"で、低所得層の子供のための"ジャムジャムボックス"プロジェクトを始める。

     

    低所得層の欠食児童は、急速な経済発展によって生じてしまった貧富の差から家庭崩壊、あるいは変化で適切な食生活を送れない子どもたちを指す。 

    彼らにとっての最も大きな問題は、栄養失調による健康被害であり、また貧困の原因を自らに見い出し罪責感を持ってしまうことにある。 

    経済的支援と同時に精神的なケアを目的とする。

     

    これに対しPROMIZが新たに企画したプロジェクトが"ジャムジャムボックス"だ。 

    "ジャムジャムボックス"は"ゼミ"を意味する"ジャム"と"お土産"を意味する"ボックス"の組み合わせからなる名称で、

    子供たちに経済的支援とともに暖かいメッセージを伝えることが重要だという意味が込められている。 

    直接製作したデザイン製品を販売し、発生した収益で全国の低所得層の児童に誕生日パーティーを開く方式で"生まれてくれてありがとう、あなたは大切な存在だよ"というメッセージを伝える。

     

    ジャムジャムボックスが披露する製品はTシャツとタンブラーなど3点だ。 

    ネイバーの寄付オンラインポータル'happybean'を通じて6月21日から3週間販売され、製品の収益金は社会福祉共同募金会を通じて全国の低所得層児童が誕生日をより意味あるものに感じてくれるよう使われる。

     

    PROMIZはハッピービンファンディング終了後にも、様々なチャンネルを通じて、低所得層の子供たちへの関心と彼らのニーズに対する認識改善を促し、社会貢献活動を続ける予定だ。

     

    イ·ミンホの寄付プラットフォーム'PROMIZ'は2014年3月に始まり、Fun Donationの価値を徐々に追求しながら、

    決まったテーマの中で価値を再評価するデザイン製品を製作、販売した後、収益金全額を寄付する方式で共有価値を実現してきた。 

    また、国内外での高い認知度をもとに、SNSを通じて社会問題に対する認識改善活動を積極的に展開し、より多くの人が自然に分かち合う現場に参加するように導いている。

    リスト