• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    SUPERJUNIORキュヒョン、EXOスホ、ミュージカル '笑う男'にキャスティング!2020年1月開幕!!
    登録日 2019.10.30 11:46 照会 621


    ©EMKミュージカルカンパニー

     

    創作ミュージカル'笑う男'が2020年1月9日にかえってくる。

     

    計5年間の製作期間、175億ウォン台の超大型の制作費が投入された'笑う男'は2018年初演の開幕から一ヶ月目で最短期間の累積観客10万人を突破、客席シェア92%、最後の公演まで計24万人の観客を動員した。

    4つのミュージカルの授賞式作品賞を総なめした初の作品というタイトルまで獲得した。

    製作会社EMKミュージカルカンパニーは

    「2020年の再演を確定した。劇作・演出のロバート・ヨハンソン(Robert Johanson)は

    脚本をさらに丁寧に再考し場面の手順を変えてリーフライズ曲を新たに挿入し、

    観客たちに初演より、深い印象や感動を与えられる計画だ」と明らかにした。


    キャスティングにも関心が集まる。

    消せない笑顔を持ったまま、流浪劇団でピエロの役割をする官能的な若い青年クウィンプレン役には、

    ミュージカル'光化門恋歌''キンキーブーツ'などで活躍した歌手イ・ソクフンと、

    ミュージカル'モーツァルト'依頼4年ぶりに戻ってくるSUPERJUNIORのキュヒョンが抜擢された。

    また、最近"マリー ・アントワネット""エクスカリバー”"エリザベート"などで熱演中のパク・ガンヒョンとEXOスホが帰ってくる。

     

    ヴィクトル・ユゴーの小説を原作にしたミュージカル'笑う男'は身分差別が激しかった17世紀の英国を背景に、無惨な怪物のような顔をしているが、純粋な心を持ったクウィンプレンの生き様を通して定義と人間性が崩れた世相を批判し、人間の尊厳性と平等の価値について、踏み込む。

    2020年1月9日、芸術の殿堂 オペラ劇場にて開演の予定だ。

     

    (※弊社でも代行予定です。詳細はお待ち下さい)

    リスト