• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    「第6回韓国ミュージカルアワーズ」2022年1月10日(月)ブルースクエア新韓カードホール開催確定
    登録日 2021.11.08 11:43 照会 129


     

    韓国ミュージカル界を代表する韓国最大のミュージカル授賞式、「第6回韓国ミュージカルアウォーズ」が1月10日(月)ブルースクエア新韓カードホールで開催される。

    社団法人韓国ミュージカル協会(イ·ジョンギュ理事長)が主催し、文化体育観光部と韓国文化芸術委員会が後援する「第6回韓国ミュージカル·アウォーズ」は、韓国ミュージカルを代表する韓国最大規模のミュージカル授賞式で、ミュージカル関係者とミュージカルを愛する観客が一緒に作る祭りの場だ。 また1966年に韓国初の創作ミュージカル『サルチャギオプソイェ』で初演をして以来50年間の韓国ミュージカルを冷徹に振り返り、今後50年を迎えるためにスタートした。

    「韓国ミュージカルアワード」は韓国ミュージカル市場の1年を総決算し、新しい1年を始める意味で毎年1月開催されている。 2021年にも続いたコロナパンデミックでやや沈滞した韓国ミュージカル市場に活気を吹き込むと同時に、芸術現場で苦労しているミュージカル人に希望と激励のメッセージを伝える予定だ。

    社団法人韓国ミュージカル協会のイ·ジョンギュ理事長は「ミュージカル業界はコロナ19パンデミック期間中、最も模範的な防疫事例として国家的危機克服に協力し、苦痛に耐えてきた。 今回の韓国ミュージアムウォーズをきっかけに、縮こまった業界がよみがえり、俳優や観客がより幸せな時代が開かれることを願う」と伝えた。

    「第6回韓国ミュージクアワーズ」は2022年1月10日(月)、ブルースクエア新韓カードホールで開催が確定した。 「第6回韓国ミュージクアワーズ」では計15部門の授賞が行われ、計19人(チーム)が受賞の栄光を手にするものと見られる。

    審査は候補推薦委員会の出品作確認、それによって最初の10倍数のチームを選定して「投票団」の予審、本音オンライン投票を通じて最終受賞作(者)を決定する。 投票団は第6回候補推薦委員会(11人)をはじめ、ミュージカル各分野の専門家で構成された「専門家投票団」とマニア及び一般観客で構成された「マニア投票団」に分けられる。 コロナ19の影響で50人ずつ縮小されていた投票団が100人ずつ計200人で構成され、投票比率は専門家投票団70%、マニア投票団30%で前年度と同じ比率だ。 「第6回韓国ミュージクアワーズ」マニア投票団の募集は11月15日(月)から11月24日(水)まで行われ、詳細は韓国ミュージクアワーズホームページ(awards. kmusical)。kr)や公式SNSで確認できる。

    各受賞部門に対する候補作(者)の登録は、2021年11月8日(月)から11月22日(月)午後4時まで行われる。 候補作は2020年12月1日(火)から2021年11月30日(火)の期間内に韓国で開幕した作品を対象とし、7日以上公演したり14回以上有料公演された創作及びライセンスの全作品の候補作(者)登録が可能である。 候補作(者)を登録しようとするミュージカル制作会社と各公演団体は公告文を確認した後、電子メール(awards@kmusical.org)で書類を提出すれば候補作(者)登録が完了する。 候補作(者)の出品に関する詳細な公告内容は、「第6回韓国ミュージクアワーズ」ホームページ(awards.kmusical)。kr)で確認できる。

    「第6回韓国ミュージクアワーズ」は2022年1月10日(月)ブルースクエア新韓カードホールで開催される。 昨年のようにコロナ19の拡散を防止するため、開催時期には政府の防疫指針を順守して行われ、授賞式だけでなく様々な付帯行事を行う予定だ。

    リスト