• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    「2021MAMA」対面での開催へ...WANNAONE、エド・シーラン出演で高まる期待
    登録日 2021.11.16 11:49 照会 391


     



    16日午前10時から「21MAMA」(MnetASIANMUSICAWARDS)グローバル記者懇談会が行われた。 放送人のアン·ヒョンモが進行と同時通訳を務め、CJENM音楽コンテンツ本部のキム·ヒョンス本部長、コンベンション事業局のキム·ドンヒョン局長、Mnetのパク·チャンウクCPが出席した。

    まず、「MAMA」はこの12年間の成果を振り返った。 12年の時間を経て「MAMA」は約200の地域で生中継され、3200万人のライブ視聴者数を確保した。 グローバル投票数は5.4億件、デジタルプラットフォーム露出数22億ビューなどへ影響力を拡大してきた。

    今後の目的についても公開した。 特に注目される点は、アジア拠点や隣接地域での授賞式、今後米国で「MAMA」の授賞式を開催することだ。 これを通じて韓国文化のトレンドをリードするという計画だ。

    まずは、近付いた今年の授賞式への関心が高い。 「2021MAMA」は「価値の異なる挑戦、偏見を破る新しさ」の3つのメッセージを持っている。 今年大きな活躍を見せたミュージシャンをはじめ、第4世代の代表アイドルメンバーによるコラボステージ、シンドロームを起こしたグループWanna Oneの特別ステージ、今年大きな人気を集めた「ストリートウーマンファイター」8クルーのステージ、ポップスターエド·シーランの出演などが予定されている。

    「MAMA」授賞式で初めて女性ホストのイ·ヒョリが出演する。 パク·チャヌクCPは「イ·ヒョリさんは20年以上にわたりK-POPに携わってきた方で、K-POPの過去、現在、未来だと思う。 今年のコンセプトにとても合う方だったのでオファーをするために努力した」とし「済州島に住んでいるのでマネージャーが済州島に行く前日に出演提案書を送り、マネージャーが済州島で話してくれた。 快くイ·ヒョリさんが回答してくださったので、お招きすることになった」とコメントした。

    注目すべき点は対面公演として開かれるということだ。 パク·チャヌク氏は「今年の授賞式のコンセプトは『MAKESOME NOISE』(メイク·サム·ノイズ)だ。 1年間で歌手たちが一番叫んだかったが、言えなかった単語だ。 今年最大の変化は、歌手と観客が会える対面の形で進行すること」と指摘した。 続いて「多くの観客を招待することはできないが、歌手と観客が会うのは最も大きな変化だと思う。 政府の防疫規則を遵守し、安全に進める予定だ。 視聴者が期待できるような舞台をたくさん準備している」と予告した。


    コンベンション事業局のキム·ドンヒョン局長は「対面開催を決定したが、映像でご覧になったように多くのファンと一緒にいるわけではない。 ウィズコロナ政策に合わせた防疫ガイドの下で用意されている。 アーティストや出演者の控え室も現場で問題なく準備が整いそうだ、アーティストや観客、スタッフの安全が第一なので防疫ガイドの下で準備を進めている」と付け加えた。

    受賞部門が多すぎるという指摘は、ほぼ毎年出ている。 これについてキム·ドンヒョン局長は、「『MAMA』が終わると翌日、さまざまな朗報や苦言が多く聞かれる。 そのうち、たくさん質問してくださるのが授賞に対する部分だ。 まず申し上げたいことは、ファンの声やメディアが与える声を滋養分にしているということだ。 持続的にそういうことを考えて悩みながら次のプランを組んで企画している」と述べた。



    続いて「賞というのは、その一年で誰もが認める最高の成果を出した方々、その賞を通じて今後さらに多くの成果を期待できる方々に与えられるようだ」とし、「K-POPがグローバル的に力量を高めている。 最高のアーティストたちに贈られる賞であるだけに、「MAMA」もグローバルトップティアとしての力量を構築できるシステムへと改善されている。 今年もそうした部分がいくつかある」と語った。

    ◆授賞の指標は、大衆性、専門性、公正性の3つだ。 キム·ドンヒョン局長は「今年も大衆性のために各種グローバル指標を補強したり、グローバルファン投票だけで選ばれる授賞部門を新設した。 専門性のためにグローバル的にK-POPを審査できる方も招待した、より透明で公正な審査結果が出るようにK-POPほどの授賞式も成長できるよう進化していく」と強調した。


    同日の懇談会は、時間の関係で多くの疑問を解消できる機会にはならなかった。 海外の有名授賞式に次ぐ「グローバル·トップティア」になると覚悟した「MAMA」が、その過程で行われる今年のイベントではどのような姿を見せるのか、注目が集まっている。 「2021MAMA」は12月11日午後6時にスタートする。

     

    リスト