• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    チョン·ウソン「愛していると言ってくれ」で10年ぶりにドラマ主演
    登録日 2022.02.09 17:16 照会 306


    俳優チョン·ウソンがドラマ「愛していると言ってくれ」の出演を論議中だ。 新しいドラマ『愛していると言ってくれ』は1995年に日本のTBSで放送された『愛していると言ってくれ』を原作とするヒューマンロマンスドラマ。 聴覚障害者と俳優志望者の愛の物語を描く。

    ドラマの中でチョン·ウソンは30代の聴覚障害者で画家のチャ·ジンウ役を提案された。 幼い時の熱病で聴力を失った人物 チャ·ジンウにとって美術の授業は唯一通訳が必要ない時間であり、絵を友人であり人生そのものとして考えてきた。 自分だけの静かな世の中で、絵に集中しながら画家になった。

    俳優の他にも製作者、投資家など幅広い活動を見せた。 特に昨年12月に公開されたネットフリックスオリジナルシリーズ『静かな海』には俳優ではなく制作統括プロデューサーとして参加し、話題になった。 最近では『静かな海』の制作者として芸能番組『出張十五夜』に出演し笑いを誘った。 この他にも映画「保護者」の公開を控えており、映画「ソウルの春」の撮影も進行中だ。

    「愛していると言ってくれ」で久しぶりに会うチョン·ウソンのメロ演技も期待される。 さらに、チョン·ウソンと切ないロマンスを繰り広げるヒロインは誰になるのか、注目が集まっている。編成は未定だ。

    記事出典: ⓒsportsworld

    リスト