• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    BIGBANG「Stil Life」で証明した王の帰還…iTunes33地域→日中韓チャート1位 [公式]
    登録日 2022.04.05 10:20 照会 124


    グループBIGBANGが約4年ぶりに発表した新曲「Still Life」に変わらない音楽の力を証明し、健在な王の帰還を知らせた。

    BIGBANGは5日0時からデジタルシングル「Still Life」を公開した。 この歌は発売されるやいなや、アイチューンズ33地域で1位を占め、ワールドワイドチャートで首位に立った。 また、韓国·日本·中国の音源サイト最大手、Melon、QQミュージック、LINEミュージックのリアルタイムチャート1位を一気に占めた。

    全世界のファンは熱狂した。 音源が発売されて1時間も経たないうちに「#BIGBANG_STILLLIFE」がTwitterワールドワイドトレンド1位に浮上し、「#BIGBANG今日カムバック」は中国最大のコミュニティウェイボホット検索語を占め、圧倒的な話題を誇った。

    言語の障壁はなかった。 強烈なパフォーマンスや華やかな音楽ではなく、詩的隠喩や叙事の力が大きな曲であるにも関わらず、美しいメロディーの中のメンバーらの深い感情がそのまま伝わり、グローバルファンらの胸に響いた。

    真正性と共感の力だ。 ファンはビッグバンとともに「泣いた笑った」「燦爛たる愛した」(「Still Life」歌詞の中)当時を記憶し、彼らが繰り広げる新しい四季を迎えた。

    何よりビッグバンのもう一つの約束がファンの心に響いた。 「変わる前よりももっと良い人がもっと」という誓いは、今後自分たちがどのように存在するかを語るビッグバンの告白であり宣言だ。 そしてこれは「雨上がりで悲哀の代わりにA Happy end」という肯定性を発揮した。

    ファンに慰労と希望を伝えただけに、「Still Life」のサウンドはより暖かく雄大に感じられる。 導入部から耳が戦慄するほど重く響く太陽のグルーブな声、これを受け継ぐ大成の力強い歌唱、続くG-DRAGONとTOP特有のラップは『Still Life』のしっかりした叙事と感性を倍加させた。

    音楽ファンだけでなく、米ローリングストーン、NME、ボーグなど主要外信も、ビッグバンの帰還に注目した。 ローリング·ストーンは「Kポップレジェンドが帰ってきた。 今回の新曲でBIGBANGのストーリーが終わっていないことを証明した、「『Still Life』はかすかな悲しみと燦爛たる希望を同時に届けてくれる名曲」と好評だった。

    リスト