• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    パクヒョシン、専属契約金→活動収益を得られなかった。所属事務所と法的紛争
    登録日 2022.04.15 14:41 照会 273


    歌手パク·ヒョシンが所属事務所のグローブエンターテインメントと法的紛争中だ。

    15日、スポーティー·ビー·ニュースの取材によると、パク·ヒョシンは音源収益·契約金未精産などを理由に、昨年から所属事務所と対立を続けている。

    朴ヒョシンは2016年、ゼリーフィッシュエンターテインメントと専属契約が満了した後、新生企画会社だったグローブエンターテインメントに移籍した。 その後、チョン·ジェイルと共にした「アイアムアドリマー」、「冬の音」、ドラマ「ミスターサンシャイン」OST「あの日」などを発表し、ミュージカル「笑う男」、「ファントム」などに出演して意欲的に活動してきた。

    しかし、2019年から朴ヒョシンの活動はあまりなかった。 シングルで「グッバイ」「恋人」の2曲を発表し、ファンミーティング「パク·ヒョシンSTPD2019ラバーズ:ビハインド·ザ·シンズ」、単独コンサート「パク·ヒョシンライブ2019ラバーズ:ウェア·イズ·ユア·ラブ?」以降は活動が全くなかった。

    この時からパク·ヒョシンは音源収益·契約金未精産など金銭問題で所属事務所と葛藤を続けている。 特に、パク·ヒョシンは2016年専属契約当時約束した専属契約金を6年近く受け取ることができず、2019年からはファンミーティング、コンサート精算金はもちろん音源収益まで得ることができなかったと苦痛を訴えた。

    昨年、朴ヒョシンは専属契約の解除を所属事務所に要請したが、所属事務所が受け入れず、双方が大きな対立を経験した。 その後、双方は専属契約の解除をめぐって法廷争いを続けているという。

    朴ヒョシンは最近、ファンクラブのソウルツリーに直接書き込み、自分の状況をファンに初めて知らせた。 パク·ヒョシンは「2019年のラバーズ公演以降、これまで何の活動もできないということは、私も想像すらできなかったことだ」とし、「前から少しずつ延期されてきた精算金はコンサート精算金まで加わり、受け取ることができず、この3年間は音源収益金と専属契約金ももらえなくなる状況に至った」と話した。

    そして、「できるだけ円満に状況を解決しようと我慢して多くの努力をしたが、待つ時間が繰り返され、長くなるだけだった。 祈っていた私の気持ちとは違って、むしろ状況は好転せず、結局今の所属事務所とはこれ以上一緒にできないと判断した」と所属事務所との決別を伝えた。

    依然として双方は接点を見出せず、葛藤を続けている。

    記事出典:ⓒ SPOTVNEWS

    リスト