• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓流情報 ※韓流情報をお伝えします。
    「BTS SUGA」社会服務要員の割り当て、官公庁で勤務する可能性
    登録日 2022.12.13 12:32 照会 351


     

    [アジア経済のヤン·ナクギュ軍事専門記者] グループBTS(BTS)のメンバーのうち、シュガ(本名ミン·ユンギ)が社会服務要員に配属された。 BTSメンバーの中では唯一現役から外された。


    13日、軍当局によると、BTSメンバーの中で長兄のジン(本名キム·ソクジン、30)が入隊を始めれば、残りのメンバーも来年から入隊するものとみられる。 満30歳(1992年生まれ)でBTSで一番年上のジンは2020年改正された兵役法により文化体育観光部長官の入営延期推薦を受け、今年末まで入営が延期された状態だった。


    来年まで軍入隊を延期したシュガは、社会服務要員として割り当てられ、官公庁で勤務する可能性が高い。 1994年生まれのRM(キム·ナムジュン)とジェイホープ(チョン·ホソク)は2025年、1995年生まれのジミン(パク·ジミン)とV(キム·テヒョン)は2026年、1997年生まれの末っ子ジョングク(チョン·ジョングク)は2028年に順に現役兵入隊しなければならない。


    軍関係者は「社会服務要員と判定されても現役を希望するならば現役兵として行くことができる」とし「本人が判断する」と話した。


    一方、ジンは13日、京畿道漣川市(キョンギド·ヨンチョンシ)の陸軍第5師団の新兵教育隊に入営し、5週間の基礎軍事訓練を受けた後、一線部隊に配置される。


    所属事務所BigHitミュージックは「入所当日、別途の公式行事はない」として「現場混雑にともなう安全事故予防のためにファンの皆さんは現場訪問を控えてほしい」と頼んだ。 軍も「現場の安全統制のために自治体および関連機関が協議して総合状況室を運営し、消防は救急患者の発生に備えて救急車を待機させる」と明らかにした。

    リスト