• 最近みた商品
  • 今日
    見た商品が
    ありません。
  • 위로
  • 韓国旅行情報 ※みなさんの韓国旅行の話。
    [速報]法務部、6月以降 外国人を対象に短期訪問·電子ビザを再開
    登録日 2022.05.19 19:30 照会 3556


     

    法務部は「2020年4月13日から暫定中断された外国人観光客対象短期訪問(C-3)ビザと電子ビザ発給を6月から再開する」と19日明らかにした。 短期訪問ビザと電子ビザの発給は、海外から入ってくる可能性があるCOVID-19の危険を遮断するために、これまで暫定的に中断されていた。

    短期訪問ビザは市場調査、相談など商用活動と観光、療養、親戚訪問、会議参加などの目的で90日以下の期間に訪問する外国人に発給されます。 2020年4月13日以後、必須目的訪問者だけに制限的に許されましたが、今回の再開で法令で定めた団体·個別観光、親地方文、商用活動などすべての分野に拡大された。

     

    COVID-19時代以前にビザなしで国内に入国できた112ヶ国のうち、相互主義原則でビザなし入国が中断された10ヶ国(日本、台湾、香港、マカオ、グレナダ、マクロネシア、サモア、ソロモン群島、キリバス、トンガ)を除く102ヶ国は既存通りビザなしで入国することができる。 その他の国は緊急な状況を除いては短期訪問ビザ発給が中断されたが、6月から短期ビザを発給され国内に旅行が可能になった。

     

    2020年4月6日付で中断されていた電子ビザ発給も再開します。 電子ビザは優秀人材、外国人患者、団体観光客などを対象としています。

     

    同時に暫定中止になった短期複数ビザ効力も復活します。 2020年4月5日以前に発給された短期複数ビザの有効期限が残っていれば、別途措置なしに使用することができます。

     

    ビザ発給対象は一般国家(Level1)外国人です。 先立って防疫当局は国別防疫危険度によって一般国家(Level1)と注意国家(Level2)に分類しました。 法務部の関係者によると、新型コロナウイルス感染症のグローバル的安定化により、現在、注意国家なしに全て一般国家に分類されていると話した。

     

    出典:ニュースワークス

    リスト